茶道を覗けば_5(佐喜知庵の魔王)

魔宮_佐喜知庵

 ここは、「佐喜知庵」という少し怖そうな名前がついています。
(この辺りは、豊田佐吉ゆかりの土地柄で、多分それを文字ったのでしょうが)

 それはともかく、思い切って玄関に入り込んだ話の続きです。

 広いたたき(土間)に、大きな靴脱ぎ石があり、しんとして人の気配がありません。
正面に「どうぞお上がりください。」と書いてあります。

 小生もう半ばやけくそで、靴を脱いで単身上がりこみました。

迷宮への案内

 「こちらへ→」と
ありますので、魔宮に迷い込んだ勇者よろしく、敵陣深くへ進みます。

 そこは、結構広い廊下があり、ガラス戸越しに庭が見渡せるようになっています。
「うん、ここで縁側にでも腰掛けて庭を見ていると、抹茶が出てくるという趣向だな」と、
やや気持が落ち着きました。

佐喜知庵の廊下

 ここまでは、不安ではあったものの、この後の展開は全く予想していませんでした。

 小生が、庭を眺めながら廊下を奥に向かってゆっくり進んでいる時、
突然反対側の襖が音も無く開きました。 

 すわ、出たな迷宮の魔王! (つづく)

  日本ブログ村、茶の湯・茶道  ← 人気ランキングに参加しています(クリックして頂くと、ランクが上がります)

4 Responses to “茶道を覗けば_5(佐喜知庵の魔王)”