さすらいの茶人_14(近衛邸を覗く者)

近衛邸廊下

 ここは、広い書院2部屋と茶室があり、それらがすべて畳敷きの廊下で
繋がっているというダイナミックな造りで、廊下の外にさらに縁側があります。
 その中のどこでもよいから好きな所に座っていると、抹茶と菓子が
運ばれて来るという、お茶を飲むにはもっとも気楽な形式です。
つづきを読む »

さすらいの茶人_13(不審な茶室)

西尾神社

 脇目も振らずに下まで降りて来ると、ちょうど小さな神社があります。
これは好都合、と急いで参拝をして、さらにもう少し遠くまで...  もう大丈夫。
ここまで追いかけては来ないだろう。 (もともと、何も追いかけてきてませんが)
つづきを読む »

さすらいの茶人_12(怪談 丑寅櫓)

丑寅櫓の階段

 ここは丑寅櫓(うしとらやぐら)という怖い名前がついています。
階段の下から見上げてみると、なんというか、やはり止めておいた方がよいような。

 結局、入口の戸を出来るだけ一杯に開き、すこしでも明るくしておいて、
少しずつ階段を上り始めました。
つづきを読む »

さすらいの茶人_11(無人の城)

丑寅櫓の遠景

 以前お話ししたことのある、伝想庵へ行こうとした時のことです。
近くに城らしき物が見えます。 ちょっと寄ってみよう、 と車を止め、
すぐ下まで歩いて行くと、「櫓開放」と書いた立て札がありました。
櫓とは、この城のようなものらしく、どうやら中を見物できそうです。
つづきを読む »

さすらいの茶人_10(非日常へのワープ)

鶯宿亭の小間

 小生は以前、別の茶室(伝想庵)の小間へ座敷側から案内してもらった
ことがありますが、いわば休演日に舞台を裏から覗いたようなものです。
 ところが今回は違います。 客として招かれ、正しい入口から入って...
さて、どこが正しい入口かわかりません。
つづきを読む »

さすらいの茶人_9(ひとり茶会)

 鶯宿亭芳名帳

 よく見ると、入る時に通ってきた小部屋に、芳名帳が置いてあります。
おっと、これに名前をかかなくちゃ。 なんといっても、今から始まる茶会の
たったひとりの出席者なんだからな、 小生は。
つづきを読む »

さすらいの茶人_8(山腹の茶室)

鶯宿亭入口2

 忠実な執事が連絡を入れてくれたので、あとは小生が茶室へ
降りて行けば、抹茶が飲めるという手筈が整いました。
 でも客は小生ひとりだけの様子で、ということは、あの茶室が
小生の貸切ということでは?   う~む、  微妙~。
つづきを読む »

さすらいの茶人_7(呈茶を所望じゃ)

蒲郡ホテル外観

 仕事の帰りに、海沿いの道路を走ることがあります。
このあたりに何か、と思いながらふと道の反対側を見上げると、
小高い山の上に結構有名な老舗のホテルが見えました。
 「ちょっと行ってみろ。」と、さすらいの本能が命じます。
つづきを読む »

さすらいの茶人_6(新宿御苑の蟻)

     楽羽亭1
     (写真は公式ホームページより)

 ここは楽羽亭という名前で、期待通りの外観です。
ちょうど西欧人らしき一団が出てくるところでした。(さすが東京!)
「日本の文化、大変にスバラシイで~す。」などと口々に言っている
のであろうと、勝手に想像しながらすれ違います。
つづきを読む »

さすらいの茶人_5(呈茶 in Tokyo)

新宿御苑2
                      (写真はウィキペディアより)

 仕事で東京へ行った帰りに、うまい具合に時間が空きました。
小生は1年に1、2度ぐらい東京に行きますが、急いで帰ることが多く
うろうろしている暇はあまりありません。 今回は、まずまず時間があるので、
よ~し、東京の呈茶はどんな具合かと、さすらいの虫が疼き始めます。
つづきを読む »