腹黒茶人_14(くやしい退却)

東山植物園

 素晴らしい物でもてなされたら、本当に、たいていの人は嬉しくなって、
心のもてなしなど大して問題にしない_ だろうか。
つづきを読む »

腹黒茶人_13(もてなしの幻想)

丈山苑2

 もてなし_ とはなんだろう。
客を気分よくさせたとしたら、これはもてなしがうまくいったと言うべき
ではないか。 特に茶道に限らなくても、例えば客が来た時、美味しい
ものを一杯ごちそうして、素晴らしい音楽か何かを聞かせ、びっくりする
ような家宝を見せたりして喜ばせ、おまけに帰りにはお土産をたくさん
持って帰って頂いたとしたらどうだろうか。
つづきを読む »

腹黒茶人_12(そうかもしれない)

古川記念館3
   (写真は本文とは関係ありません)

 素晴らしい茶事の要所要所で語られた、とてもありがたいはずの
亭主(主催者)の話を、どうしても素直に聞くことができなかった_
という、危ない話のつづきです。
つづきを読む »

腹黒茶人_11(ちょっと、はみ出し)

 今回の茶事は、もともと別のまともな人が出席する予定であった
ものが、どうしても都合がつかなくなり、巡り巡ってどういうわけか
小生が出席できることとなったものなのです。
 場所も何もさっぱり解らぬ小生は、その紹介者に遠足の児童
(もしくは屠殺場への牛)よろしく引率されて、茶事の催される京都
まで出かけたのでした。

撞木館3
   (写真は本文とは関係ありません)
つづきを読む »

腹黒茶人_10(デジャヴの日々)

 (それは、こんなお話です...)
 いろいろないきさつから、小生はかなり本格的な茶事に出席すること
になりました。 亭主(招く側)は、茶人の間でかなり人気のある高名な
師匠で、同席者も相当なヴェテラン、または師匠と呼ばれる立場にいる
お歴々とのことです。

尚古荘1
つづきを読む »

腹黒茶人_9(自己嫌悪の暴露話)

徳川園1 

 絶対に書くつもりでいた腹黒師匠の話を、何故やめようとするのか。
 ひょっとすると、某方面より強力な圧力がかかったか...?
(こんな無駄話に、圧力をかけるような暇人がいるとも思えませんが)
つづきを読む »

腹黒茶人_8(ハムレットの悩み)

 (もう少し伏線 _というより予防線_ を張り直しておきます...)
 小生が縁あってお付き合い願っている茶道の師匠などは、小生の
知る限り腹黒どころか、人間としても師匠としても、大変尊敬に値する
方であり、また当然、茶道の師匠の殆んどは、そういう立派な方々で
あるに相違ないとも、小生は思っています。

学甫堂3
つづきを読む »

腹黒茶人_7(不思議な集団)

 腹黒茶人はヴェテランに多い(ような気がする)というお話を続けます。
 つい最近も、カミさんと一緒にデパートの特設会場へ知人の花展を
見に行った時のこと _

花展
   (写真は本文とは関係ありません)
つづきを読む »

腹黒茶人_6(招かれぬ素人)

丈山苑呈茶

 抹茶は普通に飲めばよくて、茶道の作法など不要_ と言っている
のではありません。  茶道は茶道で立派な日本文化の一つに違い
ないでしょう。
つづきを読む »

腹黒茶人_5(遥かなる抹茶)

 先の、茶碗の受け取りを拒否したヴェテランのエピソードは、
たまたまとても不思議な人を見た_ という話ではありません。
 小生が見聞した似たような話から、代表として取り上げたもので、
つまり、こういうことはよくある...かのようです。

  セントレア呈茶2
つづきを読む »