さすらいの茶人_1(呈茶所おたく)

伝想庵外景

 丈山苑や佐喜知庵でいろいろな経験をした小生は、その後も機会を作っては
各地(といっても行動範囲はしれてますが)の似たような施設を訪ね歩きました。
 いってみれば「呈茶所おたく」ですが、自分ではすっかり「さすらいの茶人」の
つもりです。
つづきを読む »

茶道を覗けば_11(魔王の奥義)

佐喜知庵の縁

 この佐喜知庵は、特別な日以外は、市内の各茶道グループ(社中)等が
持ち回りで、呈茶を担当しているようです。
 よって、その日に担当した社中により、呈茶の内容も違い、、魔王のときの
ように、客にお点前を見せることもあれば、今回のように「点て出し」する
(奥で点(た)てた抹茶を運んでくる)こともあるわけです。
つづきを読む »

茶道を覗けば_10(これが茶道か)

佐喜知庵の入口2

 「行こうか..」 狭い座敷に、二人で座っていてもしょうがないので
帰ることにしました。 玄関まで来ても、もちろん誰も出てきません。 
 最後に靴を履いて外に出る時、ひときわ大きな笑い声が聞こえたのが
印象的でした。
つづきを読む »

茶道を覗けば_9(佐喜知庵を蝕むもの)

佐喜知庵の玄関

 その後、ときどき佐喜知庵を訪ねましたが、休館日だったり貸切だったりで、
なかなか機会に恵まれませんでした。
 そして一年ぐらい経ったある日...  やってる、やってる。
今日こそ久しぶりに魔王と対決できるかもしれぬと胸が高鳴ります。
つづきを読む »

茶道を覗けば_8(運命の出会い)

佐喜知庵の塀

 最後のほうはよく覚えていませんが、とにかく命からがら脱出してきました。
ただ、わざわざ小生を見送るため、魔王みずからが玄関まで出てこられたことが、
記憶の片隅に残っています。
つづきを読む »

茶道を覗けば_7(魔王の裁き)

佐喜知庵の蹲

 お点前とは一体何だろう...と考えているうちに、
今度は部屋の反対側の襖が、またまた音もなく開きました。

 そこには、新たなる敵...にしてはちょっと弱そうな、振袖姿?の若い娘が
小生よりも緊張した面持ちで、畏まっています。
つづきを読む »

茶道を覗けば_6(勇者の危機)

佐喜知庵の迷路

 そこで小生が目にした魔王は、一見上品で和服のよく似合う、
かなりご年配の女性(のような外見)で、思わず身構える小生に、
「どうぞどうぞ、お部屋にお入りください。」と、穏やかな物腰で、
未知の部屋へ誘い込もうとするではないか。
つづきを読む »

茶道を覗けば_5(佐喜知庵の魔王)

魔宮_佐喜知庵

 ここは、「佐喜知庵」という少し怖そうな名前がついています。
(この辺りは、豊田佐吉ゆかりの土地柄で、多分それを文字ったのでしょうが)

 それはともかく、思い切って玄関に入り込んだ話の続きです。
つづきを読む »

茶道を覗けば_4(別世界を尋ねて)

 さて、丈山苑にすっかり感激した小生ですが、やがて
「こんな場所はきっと他にもあるに違いない」と気付きました。佐喜知庵1
つづきを読む »

茶道を覗けば_3(丈山苑とは?)

丈山苑1

 丈山苑とは果たして何か? 怖いところではないか?
というところで前回はおわりましたが、今回はその続きです。

 入口に入苑料100円と書いてあります。(や、やすい!)
つづきを読む »