面白くない話

 「笑い」とか「おかしさ」というのは、人によって感じ方に
相当の温度差があるように思います。
 例えば、或る人にとってとても可笑しいことが、別の人には
大して面白くない_というようなことはよくありそうです。

  yoshimoto

 小生の家では、カミさんや子供たちはテレビで「お笑い物」
特に関西系の番組を見て、大声を挙げて笑っていますが、それを
傍らで見ている小生は、何がそんなに面白いのか_ と、白けて
しまうことがあったりします。

 さて、先日喫茶店でコーヒーを飲みながら週刊誌を読んでいた
時の話です。
 その週刊誌に、おかしな写真や面白い話の特集が載っており、
その中に、

問:「うってかわって」という言葉を使って短文を作りなさい。
答:「彼は麻薬をうってかわってしまった。」

 というのがあり、思わず噴き出しそうになったのですが、前の席
の客の不穏な視線を感じて、おっといけない「ゥオッホン」と
咳払いなどをして、残っていた冷めたコーヒーを飲みほした後、
次の話を見ました。

問:「あたかも」という言葉を使って短文を作りなさい。
答:「冷蔵庫に牛乳があたかもしれない。」

 今度は今飲んだコーヒーを鼻から戻しそうになってしまいました。

  牛乳

 はっと気が付くと、店中の客がこちらを見ています。
小生は、鼻から出そうなコーヒーを必死になって留めながら、
そ知らぬ顔をしようとするのですが、無理に笑うのを我慢しても、
顔が真っ赤になって、体がブルブル震えてしまいます。

 まだまだ、この記事は続きの話が一杯載っており、次の話を
読みたかったのですが、笑いの発作は一向に治まりそうもなく、
このままではあまりにもみっともないので、とうとうその店から
(逃げるように)飛び出してきてしまいました。

 喫茶店の近くを歩いていた人は、いきなり店から走り出た客が
腹をよじって苦しそうにしているのを見て、何事が起こったかと
心配したに違いありません。

 あとで調べたところ、これらは以前からある話で、ほかにも掲載
されているようなのですが、小生は初めて目にしたのでした。

 で、この(二つの問答の)話をカミさんにしたところ、
ふ~ん、という感じで、「まあ、面白いね」とのこと...。

 その後も時々他の人にこの話をするのですが、みんな大した
反応をしてくれなくて、小生は大いに面白くありません。 
                            (この項おわり)

  日本ブログ村、茶の湯・茶道  ← 人気ランキングに参加しています(クリックして頂くと、ランクが上がります)

2 Responses to “面白くない話”

  • 突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!
    モンクレール ダウン http://monclerluciebuy.sinaapp.com/

    コメント by モンクレール ダウン @ 2012.10.08 月曜日 
  • モンクレール ダウンさんコメントをありがとうございました。
    なかなか更新できませんが、頑張って続けていきたいと思っています。

    コメント by kitapon @ 2012.10.08 月曜日