寧日庵茶会_4(予習の矛盾)

   neijitsu12
   (苔がみごとな筧式の蹲踞)

 作法など何も知らない人が出席しても、叱られたり、笑われたり
しない茶会が催されます。
 でも、そんな茶会にも、みんなが楽しむための要件がある_ と
小生は考えます。

 それは、先の小生宅の「茶会(もどき)」でも重要なポイントだった
のですが、全体としてできるだけ「茶会らしく」することが、必要で
あろうと言うことです。
 気楽に、自由に、とばかり考えていると、茶会でも何でもない只の
寄り合いになってしまって、ちっとも面白くありません。
 たとえ素人の客でも、一応それらしく、(近くの誰かを真似ながら)
動かなければ、茶会らしくはならないでしょう。
 そのかわり、失敗しようが下手に振舞おうが一向に差し支えない
のです。

 それ故_ 今回の茶会では、少なくとも小生がある程度は茶会の
手順なり、作法なりを知っていなくては、話が始まらぬということに
なります。

   neijitsu13
   (にじり口も設けられています)

 というわけで、小生は久し振りに図書館へ出かけて、例の如く
「初歩の茶道」「初めての茶会」「客の心得」などという本を借りて
来ました。
 そういえば、以前はよく茶道の本を読んだものですが、最近は
全然そんな機会がなくて、とても懐かしい気がします。

 まさか正式な「懐石」は出てこないでしょうから、ここは飛ばしても
大丈夫。 「濃茶」も要らないでしょう。 あの連客で濃茶を回し飲み
している図は、全くイメージできませんから。
 そうではなくて、にじり口はこうして入るだの、蹲踞の使い方だの、
正客はここで「お道具拝見」とか、そうそう これが読みたかったの
です。

 でも... ふと気が付くと、
 小生は確か、「勉強などしなくてもよい茶会」に出かけるはずでは
なかったのか?? 
 「何も知らなくても、招待されたら喜んで出席できる茶会」のはず
ではなかったのか?? 

 う~む、  この大いなる矛盾については、また後で考えることに
して、取り敢えず今は本を読むことにしよう。 少なくともこの勉強は
決して嫌ではなくて、結構面白いのだから。

   neijitsu14
   (これが寧日庵の茶室)

 さて、当日になって、小生は一応ネクタイなど締めて行くことにし、
娘にも言いました。 「お前も少しは正装して行きなさい」

 すると娘が驚くべきことを言ったのです。
「わたし、普段着以外何も持ってないよ。 スカートもないし」
「えっ、 _でも、確か入試の面接の時に着ていたのが...」
「それ10年以上前だし!」             (この項つづく) 

  日本ブログ村、茶の湯・茶道  ← 人気ランキングに参加しています(クリックして頂くと、ランクが上がります)

Comments are closed.