腹黒茶人_7(不思議な集団)

 腹黒茶人はヴェテランに多い(ような気がする)というお話を続けます。
 つい最近も、カミさんと一緒にデパートの特設会場へ知人の花展を
見に行った時のこと _

花展
   (写真は本文とは関係ありません)
つづきを読む »

腹黒茶人_6(招かれぬ素人)

丈山苑呈茶

 抹茶は普通に飲めばよくて、茶道の作法など不要_ と言っている
のではありません。  茶道は茶道で立派な日本文化の一つに違い
ないでしょう。
つづきを読む »

腹黒茶人_5(遥かなる抹茶)

 先の、茶碗の受け取りを拒否したヴェテランのエピソードは、
たまたまとても不思議な人を見た_ という話ではありません。
 小生が見聞した似たような話から、代表として取り上げたもので、
つまり、こういうことはよくある...かのようです。

  セントレア呈茶2
つづきを読む »

腹黒茶人_4(作法の副作用)

  セントレア呈茶
   (写真は本文とは関係ありません)

 一般の人を対象にした、ボランティアの呈茶の場において、
自分の知っているものと違う作法で出された抹茶を、衆人環視の
中で、受け取り拒否した(腹黒茶人の)お話の続きです。
つづきを読む »

腹黒茶人_3(侵すべからざる作法)

ラシック呈茶-1

 今度はもう少し微妙なエピソードです。

 知り合いの社中(茶道のグループ)が、結構 人の集まる場所で、
そこに(茶道とは関係なく)来場した一般の人を対象にして、無料の
呈茶(希望者に抹茶を飲ませるサービス)をした時のことです。
つづきを読む »