茶の湯余聞_1(器で飲む)

 今回のシリーズは、今までの続き話と違って、いろいろな話を
(まあ、「よぶん」な話ですが...)思いつくままに書こうと思って
います。
 これは、新しい試みとして_ ということではなくて、続き話に
なるようなネタがそろそろ尽きてきたということにすぎません。

 茶碗9

 で、今回は「器(うつわ)」についてのお話_
つづきを読む »

怪談_弐

仕事場1

 以前お話したように、小生の仕事場は自宅の1階にあるのですが、
この1階と2階はもともと全然別の目的で建てたものですので、全く
別の空間になっており、仕事が終わって自宅へ帰る時は施錠をして
から外階段を上って帰宅するという形式になっています。
つづきを読む »

怪談_壱

夜道の景色

 季節がら_ のつもりがもう秋ですが、怪談を一席。
但し、茶道には何の関連もないお話です。

 何年も前になりますが(どうも小生の話は古くていけない)、
車を運転して仕事で客先へ出かけ、その帰り道でのこと_
つづきを読む »