異端の茶会_13(鬼の形相)

 カミさんが炭点前(炉の火に炭を継ぐ様子を見せるもの)をしている
間に、料理(点心)の用意をします。 午前の席は、先に述べた助っ人
の奥さんがやってくれますので、小生は午後の席に備えて必死に
やり方を覚えます。

  水屋
つづきを読む »

異端の茶会_12(もたつく伊賀者)

玄関の鉢植

 我が家には庭などありませんので、(本当はほんの少しありますが)
入口あたりに、何もないよりはましであろうと、鉢植えなどを精一杯
並べてみました。 多少はそれらしい雰囲気が出たような...。
つづきを読む »