魔王ふたたび_9(魔王の実体)

 「私、Kでございます。 どちら様でしょうか。」
小生の隣には、いかにも茶人の風格を漂わせた年配の御婦人が
座って、小生に不思議そうに問いかけているのです。

  佐喜知庵21
つづきを読む »

魔王ふたたび_8(開き直るストーカー)

 相手はさすがに魔王です。 ひらりひらりと小生の攻撃をかわして
いるようにみえます。 それにしても、自分のやっていることをよ~く
振り返ってみると_  これは、まるでストーカーではないか。

  佐喜知庵16
つづきを読む »