東京への長旅-5(神聖なる時刻表)

 長旅の最後で、送迎バスを1時間近く待つにおいては、こんなお話が
ありました。

 そもそも、今回の東京行きにあたっては、4回も乗り換えがある故、
入念に時刻表を調べて、もっとも無駄の無いような計画を立てたのですが、
この最後のJR駅への列車は、9:35、10:33、11:36 といった具合に
1時間に1本、毎時間とも30分ちょっと過ぎに到着します。

 ところが、送迎バスの方は、9:30、10:30、11:30 というように、
何とすべて30分にこの駅を発車するのです。

  時刻表
つづきを読む »

東京への長旅-4(音楽祭の偽来賓)

  都下の某駅

 東京都下の某目的地まであと少しという駅まで、散々時間をかけて
やっとたどり着いたというお話の続きです。
 さて、その某所まではあと数キロメートル程度なのですが、JRはもとより
バス路線も無く、タクシーが一番便利であろうものの、勿体無いお化けが
出そうですし、さりとて歩くには少々遠いといった、とても不便な場所です。
つづきを読む »

東京への長旅-3(全手動ドア)

 乗客がドアを自分で開閉するJR八高線をみて、小生の自宅付近を
走る私鉄にもそんな機能があったことを思い出した_という話の続きです。
但し、小生が子どもの頃のことで、最近の話ではありません。

  瀬戸電1
   (「ICHIBAN瀬戸電」より)
つづきを読む »

東京への長旅-2(ローカルっても東京)

八高線1

 長旅の途中で乗ったJR「八高線」でのお話 _
 朝早く家を出てきたせいで、座席に座るとすぐに眠気に誘われます。
...ふと気が付くと、列車はある駅に停まっていたのですが、何だか
様子がおかしいのです。 最初は何が変なのかよく解らなかったのですが、
その内に、ドアが閉まったまま列車が停まっているのに気付きました。 
つづきを読む »