茶事とは難題_2(茶道史の大家)

書道テキスト

 招待に対する礼状を書かねばならなくなった小生ですが、
手紙などもう何年も書いた覚えがありません。
 それに、どうせ書くならやはり毛筆でしょう。 などと考え、
さっそく少し練習してみました。
つづきを読む »

茶事とは難題_1(無謀な好奇心)

茶室1

 どうも悪口ばかり続いたような... 
大寄せに何度か出かけ、たまたま異端者を目にしたというだけで、
茶会がどうの茶道がどうのと意見を言うのは、木を見て森を見ない
どころか、土を見て地球を見ていないと言われるかもしれません。
つづきを読む »

これも茶道_10(茶人行動監視委員会)

大寄せ16
   (写真は本文とは関係ありません)

 いかにも小生は全くの素人です。
茶道の作法や本質などほとんど知りません。
でも、だからこそ単純に疑問を感じ、不思議でならないのです。
つづきを読む »

これも茶道_9(茶会ジャック)

 大寄せ14
   (写真は本文とは関係ありません)

 さて、このあとの顛末は、腹黒コンビ以外の誰もが予想もしなかったものです。 
...いや、ひょっとすると小生が予想できなかっただけで、こういうことはよくある
のでしょうか。
つづきを読む »

これも茶道_8(腹黒コンビ)

  大寄せ11 
   (写真は本文とは関係ありません)

 このヴェテラン2人は、主催者と知り合いらしく、先ほどから派手な動きをしています。
まずは、主催者側の誰それを見つけては、辺り憚らぬ大声で話しかけるかと思えば、
大して用も無さそうなのに、忙しく部屋を出たり入ったりしています。 
つづきを読む »